* 第41回勉強会の予定と記録 [#xdafd435]

** 今回もATNDでお申込みを受け付けます。https://atnd.org/events/67322 [#kfe91be6]

*** 今回は第41回記念で50名まで参加可能です。ふるってお申し込みください。 [#s779787f]

** 今回の勉強会は、記念大会として、岐阜大学(吉田先生)の主催行事として開催致します。 [#y41a3a79]

''目的'' : 
ものづくりにおけるオープンCAEの活用技術の普及と発展を目的として、オープンCAEシステム:DEXCSを中心に、広くCAEに関する技術の情報交換を行う。

''議題'' : 「クラウドで活用するCAE+オープンCAEの実践情報」~
⇒ 今回は40回を越えて、新しく第41回への展開を目指して、クラウドに関する特別講演を企画しています。午前は講習会もあり盛り沢山の内容です。

''日時'' : 平成27年07月11日(土)午前10時〜12時:講習会、午後1時〜5時:勉強会、その後、午後5時半〜7時半:[[交流会>]]~
⇒ 準備と片付がありますが、会場の都合で、開始と終了の時間厳守でお願いします。

''場所'' : 岐阜大学サテライトキャンパス(岐阜スカイウイング37東棟4階)多目的講義室(中)~
⇒ 駅改札から北に出て、デッキを渡って大通りを横切った向こう側の高層ビルです。

''交通'' : JR岐阜駅から接続 http://www1.gifu-u.ac.jp/~gifu_sc/src/access.html~
⇒ 岐阜駅周辺に駐車場もありますが、満車も多いので、JRや名鉄が便利です

''費用'' : 無料(ただし午前講習会は印刷準備費5百円+交流会費4千円予定)~
⇒ 今回は、第41回記念の勉強会のため、参加費用は無料で行います。奮ってご参加下さい。

''対象'' : DEXCSをはじめ様々なオープンCAEに興味のある方ならどなたでも~
⇒ 初心者から経験者まで様々な興味のある方の勉強会です。企業技術者の方や学生さん研究者の方、どなたでも歓迎です。。

''人数'' : 最大50名(会場の都合上)~
⇒ 最大人数は会場一杯の状態ですので、満席ですと窮屈です。ご容赦ください。

''申込'' : 今回もATNDを用いて参加申し込みを受け付けます。是非ともご協力ください。https://atnd.org/events/67322~
⇒ 今後はATNDに一本化してゆきますので、これを機会にお試しください。

''準備'' : 発表者の方には提案された取り組み内容について、提示用報告資料を当日会場にご用意ください。~
⇒ プロジェクタは用意します。その他の参加者も質問内容などは、簡単な資料にまとめてください。

''担当'' : 助言者:野村悦治(OpenFOAM,DEXCS)・藤井成樹(SALOME-Meca)・田村守淑(流体理論)+世話役:岐阜高専 柴田良一~
⇒ お手伝いいただける方を募集しています

''内容'' : 第41回では、午前:講習会、午後:記念勉強会、夕方:交流会です。

** 講習会 [#j493629e]

*** DEXCS-RDstrを活用したEasyISTRによる構造解析とLIGGGHTSによる破壊解析の基本演習 [#k9d602bd]

オープンCAEの研究開発用構造解析システムである「DEXCS-RDstr」を活用して、構造解析と破壊解析の基本演習を行います。 &ref(AboutEasyISTR/DEXCS-RDstr-紹介資料.pdf);

構造解析:EasyISTR演習を行う場合には、&ref(AboutEasyISTR/構造解析マニュアル@RDstr-H270608.pdf); の手順資料により行います。解析環境は7/8より公開したバージョンを使ってください。~
破壊解析:LAMMPS演習を行う場合には、資料は追って公開します。解析環境は以前から公開している DEXCS2014-RDstr で対応できます。

解析環境としては、DEXCS2014-RDstrをを利用しますので、以下のダウンロードウエブよりISOファイルを入手して、仮想マシンでの解析環境をご準備下さい。難しい場合には当日に対応致します。~
http://dexcs.gifu-nct.ac.jp/download/ DEXCS2014-RDstr-D1-B1-64.iso(DEXCS2014-RSstr-D1-B1-64(64bit) DVD起動用ISOイメージファイル)

** 勉強会 [#se68915c]

*** 特別講演「クラウドで活用するCAE」 [#n9a69e5d]

確定分:「アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 様」~
ソリューションアーキテクト 松尾康博様: 「CAE on クラウドを実現するAWSのご紹介」

確定分:「日本マイクロソフト株式会社 様」~
テクノロジースペシャリスト 佐々木邦暢様: 「HPC on Azureのご紹介: HPC PackとAzure Batch」

確定分:「小川道夫 様」~
CAE(と財布)にやさしいスパコンの賢い使い方 -速い・大きい・便利 スパコン産業利用 -

懇親会場に移動

・17:30--19:30 懇親会

[[オープンCAE初心者勉強会]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS