TreeFoamに関する情報を集約します。

TreeFoamの基本情報

TreeFoamとは

TreeFoam は、 OpenFoam を GUI で操作できるツールです。OpenFOAM は、基本的に CUI ベースで操作する為、操作性(生産性)が悪く、初心者には敷居が高いです。これを少しでも改善する為に、 OpenFOAM が GUI 上で操作できる様に工夫したものが、 TreeFoam です。

TreeFoamのダウンロード

TreeFoamの解説文書

このマニュアルは、事例を多用してまとめているために、実際に例題を試す事ができて、理解が深まる校正です。特に「6.基本的な操作方法の例」に、基本的な 操作方法の例では、tutorials の計算方法をまとめたもので、これをそのまま試す事で、TreeFoam の殆どが理解できるものと思います。

このマニュアルは、「OpenFOAM-2.3とTreeFoam-2.25-150308」を前提にまとめています。マニュアルの通りに進めるためには、システムを更新してください。

DEXCS2014-OpenFOAMからの更新方法

現在公開しているDEXCS2014-OpenFOAMでは、TreeFoam-2.22が組み込まれており、上記のマニュアルに対応するためには更新が必要です。こちらで試した手順を説明します。

  1. 既に組み込まれているTreeFoamがホームディレクトリにあるので、この名前をTreeFoam-2.22に変更します。( mv ~/TreeFoam ~/TreeFoam-2.22 )
  2. ダウンロードしたTreeFoam-2.25のファイルを、ホームディレクトリに移動して展開します。( tar xvfz ~/TreeFoam-2.25-150329-jefinal.tar.gz )
  3. DEXCSに組み込まれたTreeFoam-2.22/appにある起動用ファイル3つ「bashrc-FOAM-2.3-DEXCS・runParaFoam-2.3-DEXCS・runHelyxos-2.1.1-dexcs」を、~/TreeFoam/appにコピーします。( cp ~/TreeFoam-2.22/app/bashrc-FOAM-2.3-DEXCS ~/TreeFoam/app のように3回行う)
  4. 設定ファイルconfigTreeFoamを、以下の設定に変更する。( vi ~/TreeFoam/configTreeFoam )
      bashrcFOAM ~/TreeFoam/app/bashrc-FOAM-2.3-DEXCS
      paraFoam ~/TreeFoam/app/runParaFoam-2.3-DEXCS
      helyxos ~/TreeFoam/app/runHelyxos-2.1.1-dexcs
      salomeMeca ~/TreeFoam/app/runSalomeMeca2011-DEXCS
  5. デスクトップ左端のランチャーの設定を変更する。
      /usr/share/applications/TreeFoam.desktopにおいて、2カ所の2.22を2.25とする。( sudo vi /usr/share/applications/TreeFoam.desktop )
      /opt/TreeFoam/treefoamにおいて、1カ所の2.22を2.25とする。( sudo vi /opt/TreeFoam/treefoam )
  6. ランチャーからの起動を確認して、ヘルプのバージョン表示が2.25-150329であれば更新が成功しています。
  7. ホームディレクトリにある古いTreeFoam-2.22とパッケージファイルを削除して完了です。( rm -r ~/TreeFoam-2.22 ~/TreeFoam-2.25-150329-jefinal.tar.gz )

TreeFoamの発展情報

OpenCAE Users Wiki


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS