Code_Aster

この資料は公開されている英文資料を柴田が学術目的のために非公式に和訳しているものです

Code_Aster:研究開発用の構造力学および熱力学の数値解析システム 公式サイト:http://www.code-aster.org

開発:EDF・フランス電力公社(研究&開発)

Code_Asterの解析機能

Code_Asterは、マルチフジックスの解析手法やモデリング手法に対応したフルセットの機能を提供しています。 このCode_Asterは、熱力学解析プログラムの基本機能を超えるような高度な機能を備えています。 たとえば、地震応答解析をはじめ、多孔質材料における音響解析、機械部品の疲労解析、確率論的な動的解析、などがあります。 これらの解析において、モデリングや解析手法や解析ソルバは、継続的に改良が続けられ、最終的な完成状態では、 120万行のソースコードと200の解析機能を実現しています。 このシステムは強い意志のものでオープンな状態で開発され、様々な関連システムと連携を取りながら統合し、 様々な手段を用いて開発を進めています

■対象挙動

>構造力学
・静的解析、疑似静的、線形現象やそのほか ・動的解析、線形現象とそのほか(実挙動とモード) ・破壊現象、損傷現象、疲労現象 ・地盤構造、流体構造連成、地盤流体構造の複合連成

>熱力学
・定常現象、過渡現象、線形現象やそのほか ・固定座標系や移動座標系

>関連する現象
・音響解析 ・冶金学 ・水和反応と乾燥

■解析形式

■マルチフィジックス

■荷重設定

■静的解析や動的解析での非線形性

■動的解析

■相互作用

■熱解析

■地盤力学や土木工学

■解析品質の評価

■モデリング

■要素ライブラリ(400有限要素)

■専用ツール

■ソフトウエア環境

■注目すべきこと

非線形解析の機能

工学的な設計評価では、様々な非線形性の考慮が、より一層に必要とされています。 たとえば、材料非線形、幾何学的非線形、接触問題、などです。 解析機能として、DYNA / THER / STAT_NON_LIN などを利用して、 Code_Asterはこれら非線形を考慮した解析機能を提供しています

地盤材料への対応

コンクリートと土木工学

破壊や損傷や疲労など

動的解析

マルチスケールからマルチフィジックスへ

Code_Asterは柔軟でオープンなプログラムです

Code_Asterのウエブサイトとフリー版

製品とサービス

Code_Asterは利用者にやさしいソフトウエアです

SALOME-Meca紹介


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS