* Peridigm破壊解析システムに関する情報 [#s5ea0589]

Peridigmは、Sandia National Laboratoryで開発されているPeridynamicsによる破壊解析システムです。

公式ウエブサイト:https://software.sandia.gov/trac/peridigm/

ユーザーガイド:https://software.sandia.gov/trac/peridigm/chrome/site/PeridigmV1.0.0.pdf

ソフトウエア解説:http://prod.sandia.gov/techlib/access-control.cgi/2011/117045.pdf

入力スクリプト解説:https://software.sandia.gov/trac/peridigm/wiki/User/Documentation

 ⇒上記ウエブ文書の和訳:&ref(Peridigm-WebDocument.pdf);

システム構築手順:https://software.sandia.gov/trac/peridigm/wiki/User/GettingStarted

 上記の構築手順ではそのまま出来ない部分もあるので、詳しく構築手順を解説しました。~
 ⇒[[Peridigmを用いたPeridynamicsによる破壊解析:実行環境の準備(1):http://blog.goo.ne.jp/dalab-gnct/e/d5f8181c79be08edf2ad0c060e2055ed]]~
 ⇒[[Peridigmを用いたPeridynamicsによる破壊解析:実行環境の準備(2):http://blog.goo.ne.jp/dalab-gnct/e/d9ff90f17ddf3d861d5cf8628030ac50]]~
 ⇒[[Peridigmを用いたPeridynamicsによる破壊解析:実行環境の準備(3):http://blog.goo.ne.jp/dalab-gnct/e/66a8d3b31bb77533533cb8ab1575d656]]

数値解析の概要:
http://www.dam.brown.edu/documents/Parks.pdf

 ⇒上記の資料が、Peridynamicsに関する数値解析の概要をまとめてあり、非常に有用です。~
  ・Peridynamics理論の概要が要領よくまとめられています。~
  ・様々な破壊解析の実験との比較事例が紹介されています。~
  ・破壊解析で用いる様々な材料モデルが解説されています。~
  ・Peridynamicsを実装した解析ツールが紹介されています。~
  ・Peridigmに関するカスタマイズ方法が説明されています。

この中で解析ツールの紹介を、抜き出して和文で要約しておきます。

現在、Peridynamics破壊理論を実装した解析ツールとしては、以下の4つがあります。

=公開用:PDLAMMPS:http://lammps.sandia.gov(完全にオープン)

これは分子動力学解析システムLAMMPSにPeridynamics破壊力学に基づく粒子が組み込まれており、これを用いて破壊解析が可能です。著者らはLAMMPSに個別要素法DEMを組み込んだLIGGGHTSを用いて利用しています。ただSNLとしては開発は完了しておりあくまで検証用の解析システムとなっているそうです。それでも色々なことができます。

=研究用:Peridigm:https://software.sandia.gov/trac/peridigm/ (基本的にオープン)

これはPeridynamics破壊解析専用システムで、現在もSNLで開発が進められています。弾塑性の材料モデルを扱うことや構造解析的な分析が可能になっており研究用として非常に有用なシステムです。ただしオープンソースではないため、上記ウエブにある著者にお願いしてソースを分けてもらう必要があります。本格的なシステムで構築も大変です。

=開発用:EMU:http://www.sandia.gov/emu/emu.htm (国外輸出規制対象)

どうもこれがPeridynamicsによる最も本格的な解析システムのようで、様々な応用が提示されています。是非とも利用したいのですが、例題が国防関連の様ですし連絡しても返事がありませんので、国外不可なのかもしれません。ん〜ん何とか使ってみたいのですが、非常に多機能の様です。

=統合用:Sierra:http://trilinos.sandia.gov/packages/docs/dev/packages/stk/doc/html/index.html (国外輸出規制対象)

こちらは統合構造解析システムの中にPeridynamcisのモジュールが組み込まれているようです。ユーザーガイドとかは入手できるので、非常に多機能なシステムの様ですが、如何せん国外輸出規制対象となっているので、日本からでは入手することができません。是非、使ってみたいです。

[[OpenCAE Users Wiki]]



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS