* SALOME-Mecaの活用技術(MK2) [#n9a60459]

[[オープンCAE初心者勉強会]]~
Code_Asterの使用方法、事例を解説します。~
#contents

**ASTK(GUI)、Eficas(commファイルエディター)、公式Validationの利用方法など [#kc395628]
***ASTKの使用方法、公式Validationの利用、Eficasでのcommファイル編集例 [#jd909c8b]
-資料~
 &ref(ASTK_Intro.pdf);~
~

***Eficas Importerの使用 [#nea2d49f]
 EficasではGROUP_MAなどで複数のグループ名を記入できますが、これをテキストファイルから読み込む方法です。~
-資料~
 &ref(Eficas_importer.pdf);~
~~

**要素・境界条件の設定 [#mbf45c2f]
***シェル要素(DKT、COQUE_3D)の扱い方、メッシュアセンブリ(LIAISON_MAIL) [#f7ee723a]
 シェル要素として、DKTとCOQUE_3Dがあり、大きな回転などを扱う場合に、COQUE_3Dを使うようです。~
|CENTER: |CENTER:メッシュ|CENTER:変位|CENTER:回転|CENTER:歪み|CENTER:計算|
|CENTER:DKT|CENTER:TRIA3,QUAD4|CENTER:small|CENTER:small|CENTER:small|CENTER:Linear,Non linear|
|CENTER:COQUE_3D|CENTER:TRIA7,QUAD9|CENTER:large|CENTER:large|CENTER:large|CENTER:Linear,Non linear|
-資料~
 DKT, LIAISON_MAIL:&ref(Shell_LInkMesh.pdf);~
 COQUE_3D:&ref(Shell_Coque3D.pdf);~
-入力ファイル~
 DKT, LIAISON_MAIL:&ref(Shell_LInkMesh.tar.gz);~
~

***断面性能の計算(MACR_CARA_POUTRE) [#g453c1cc]
-資料~
 &ref(MACR_CARA_POUTRE.pdf);~
~

***ビーム要素(BARRE、POU_D_E)の扱い方、ビーム要素とシェル要素・3D要素との結合(LIAISON_ELEM) [#wc5e5759]
 ビーム要素は2つのタイプがあり、回転の自由度を持たない:BARRE、回転の自由度を持つ:POU_D_E 他、を使い分けます。
|CENTER:Modelisation|CENTER: |CENTER:自由度|
|CENTER:BARRE|CENTER:ピン接合|CENTER:DX, DY, DZ|
|CENTER:POU_D_E 他|CENTER:剛接合|CENTER:DX, DY, DZ, DRX, DRY, DRZ|
-資料~
 BARRE:&ref(Bar.pdf);~
 POU_D_E, LIAISON_ELEM:&ref(Beam_Link.pdf);~
-入力ファイル~
 BARRE:&ref(Barre.zip);~
 POU_D_E:&ref(Beam.zip);~
 POU_D_E & LIAISON_ELEM:&ref(Beam_link.zip);~
*POU_D_Eなどの剛接合要素では応力が大きくなると、後処理段階でSIEF_ELGAなどの応力を計算した際にエラーが発生するバグがあります。~
~~

**ポスト処理 [#lcf25092]
***MECA_STATIQUEの場合の一例(応力・等価応力の出力、Post-Pro・Paraviewモジュールでの結果表示) [#faac6431]
-資料~
 &ref(Post_Lin_ver10.pdf);~
-commファイル~
 &ref(postCA10_lin.comm);~
~

***Salome-Meca 2011.2 Asterモジュールの計算結果をParaviewモジュールで表示させる [#a1f85f5b]
 計算結果は作業フォルダの拡張子:rmed のファイル(linear-static.rmed など)に保存されているので、この拡張子を rmed → med に書き換えれば、Paraviewモジュールで表示できます。~
~~


**高速化 [#k70d8970]
***Code_Aster の並列化 [#u57d314e]
 [[Code_Aster の並列化]](PDFの内容のうち、コマンドラインが中心の2-10をリンク先に清書しました~
-資料~
 &ref(Parallelize_3.pdf);~
 PAR10.3のコンパイルの前に、/opt/aster/etc/codeaster/asrun の書き換えを追加しました。~
 これを行わなければコンパイルでエラーが出るようです。
-添付ファイル~
 Code_Aster10.3用:&ref(setup.cfg);~
 mumps-4.9.2用:&ref(Makefile.inc);~
 PAR10.3用:&ref(config.txt);&ref(profile.sh);~
~
*バージョン11.0の並列化は、上記の資料と同様の手順で実行できます。ただし、11.0 と 10.3 で config.txt が違うため、PAR10.3 の config.txt は流用できません。そのため、STA10.3 → PAR10.3 で行ったものと同様の書き換えを、PAR11.0 の config.txt に行う必要があります。~
~
***Ver. 10と11、ソルバー、並列化の比較(100万自由度 STAT_NON_LINE での計算) [#xd0c55c7]
 Ver. 11.0 のほうが速く、ソルバーはMUMPSのほうが速いです。~
|CENTER: |CENTER:STA10.3|CENTER:PAR10.3|CENTER:PAR10.3|CENTER:NEW11.0|CENTER:PAR11.0|CENTER:PAR11.0|
|CENTER:Processors|CENTER:1|CENTER:1|CENTER:4|CENTER:1|CENTER:1|CENTER:4|
|CENTER:Solver|CENTER:MULT_FRONT|CENTER:MUMPS|CENTER:MUMPS|CENTER:MULT_FRONT|CENTER:MUMPS|CENTER:MUMPS|
|CENTER:time [sec]|CENTER:3619|CENTER:1474|CENTER:1118|CENTER:2734|CENTER:968|CENTER:766|
~~

**Salome-Meca、Code_Aster、Salomeのバージョンについて [#t6e30eb1]
***Salome-Meca のバージョン [#ud71f6da]
|CENTER:Salome-Meca|CENTER:bit|CENTER:Code_Aster|CENTER:Salome|
|CENTER:2011.2|CENTER:64bit|CENTER:STA10.5|CENTER:6.3.0|
|CENTER:2011.1|CENTER:64bit|CENTER:STA10.3|CENTER:5.1.5|
|CENTER:2010.2|CENTER:32bit|CENTER:STA10.2|CENTER:5.1.4|
~
***Code_Aster のバージョンについて [#jc083697]
 2011年8月の時点で、Salome-Meca 版、スタンドアローン版の主なバージョンとしては、STA10.2、STA10.3、NEW11.0、STA10.5があります。(STA10.5はスタンドアローン版はありませんが、STA10.5 = NEW11.0.17と思われます。)このうち、[STA10.2、STA10.3]と[NEW11.0、STA10.5]では、コマンドファイルのポスト処理の書き方に違いがあります。(それ以外のコマンドファイルの書き方は変わっていないようです。)~
 具体的には下表の例のように、CALC_ELEM、CALC_NO の OPTION の書き方が違います。そのため、STA10.2やSTA10.3用に作ったコマンドファイルを、NEW11.0やSTA10.5で計算する場合は、EFICAS などでポスト処理の部分を書き換える必要があります。逆もまた然りです。~
~
|CENTER:バージョン|CENTER:応力(要素)|CENTER:等価応力(要素)|CENTER:応力(節点)|CENTER:等価応力(節点)|
|CENTER:STA10.2、STA10.3|CENTER:SIGM_ELNO_DEPL|CENTER:EQUI_ELNO_SIGM|CENTER:SIGM_NOEU_DEPL|CENTER:EQUI_NOEU_SIGM|
|CENTER:NEW11.0、STA10.5|CENTER:SIGM_ELNO|CENTER:SIEQ_ELNO|CENTER:SIGM_NOEU|CENTER:SIEQ_NOEU|
~
***MED のバージョン対応 [#k800611a]
 Salome 6 は、MED 3 でしか出力できないので、Salome 6 で作った MED ファイルを用いて計算する場合は、NEW11.0, STA10.5 を使う必要があります。逆に、NEW11.0, STA10.5 で出力した MED ファイルは、Salome 6 でしか読めません。~
 MED : HDFライブラリ(Salome)とCode_Aster でデータをやり取りする際の中間データ(メッシュなど)~
~
|CENTER: |CENTER:read|CENTER:write|
|CENTER:NEW11.0, STA10.5|CENTER:2, 3|CENTER:3|
|CENTER:STA10.2, STA10.3|CENTER:2|CENTER:2|
|CENTER:Salome 6|CENTER:2, 3|CENTER:3|
|CENTER:Salome 5|CENTER:2|CENTER:2|

~
~
**Code_Aster 参考ページ [#yecf1803]
***Code_Aster公式、CAElinux Contribute [#pf504676]
 Code_Aster Documentation : http://www.code-aster.org/V2/spip.php?rubrique19~
  機械翻訳ですが、英語化公式ドキュメントが公開されています。~
 Code_Aster Forum : http://www.code-aster.org/forum2/~
  開発者がいますので非常に参考になります。言語は英語とフランス語ですが、英語の投稿の方が多いようです。~
~
 Code_Aster Wiki : http://www.code-aster.org/wiki/doku.php~
  有志が作成しています。完全に整理されてはいませんが参考になります。~
~
 Contrib:Claws/Code Aster : http://www.caelinux.org/wiki/index.php/Contrib:Claws/Code_Aster~
 Contrib:Kees Wouters : http://www.caelinux.org/wiki/index.php/Contrib:KeesWouters~
  有志が公開されている解説書です。コマンドファイルを公開していますので非常にわかりやすいです。~
~

*** 上記の資料をもとに柴田が Code_Aster のコンパイルを練習した時のメモ [#s87e5613]

DEXCS-Salomeの有効活用:Code_Asterのコンパイル(1):http://blog.goo.ne.jp/dalab-gnct/e/fc5c4581f73b06bce7a977ae56379c2b~
DEXCS-Salomeの有効活用:並列版Code_Asterのコンパイル(1):http://blog.goo.ne.jp/dalab-gnct/e/d3a33ad805388450e26dfdbd5049f4f6~
DEXCS-Salomeの有効活用:並列版Code_Asterのコンパイル(2):http://blog.goo.ne.jp/dalab-gnct/e/f12c955436191d9783516214d7573f99~
DEXCS-Salomeの有効活用:並列版Code_Asterのコンパイル(3):http://blog.goo.ne.jp/dalab-gnct/e/fdc6d30b81b008f9eec405945c4d9467~

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS