* 夏合宿に向けて、解析環境準備や参加詳細情報などを以下にまとめます。必ず確認してください。 [#k9a54f2f]

** 連絡0:夏合宿の美濃地域では大雨警報となっています。 [#v89893c8]
予定通り開催しますので、注意してお集まり下さい。

** 連絡1:夏合宿の準備をよろしくお願いします。 [#m30ed8e0]
演習資料の準備(連絡6)と解析環境の準備(連絡7)を、ご案内に従い必ず参加者でご対応ください。当日会場での個別の対処はできませんのでご容赦ください。

** 連絡2:車で来られる方への連絡です。昨年度までと異なっています。 [#ac7597f5]
希望された方のみ、メールで詳細をご案内しました。

&ref(C浪蔀鷦崗譴完篤.pdf); &ref(っ浪蔀鷦崗谿篤眇.pdf);

** 連絡3:領収書は、お支払い金額一括で「オープンCAE初心者勉強会(岐阜)夏合宿幹事:柴田良一」としてのみご用意します。その他の対応はご容赦ください。 [#wcb89fec]

** 連絡4:第1日目:8月29日(土)の構造解析の演習の準備 [#i77a2ac6]

下記の演習の説明にある通り、DEXCS2014-Salome-64とDEXCS2014-RDstr-64の2つの解析環境が必要ですので、事前にご準備をお願いします。

** 連絡5:第2日目:8月30日(日)の流体解析の演習の準備 [#o952fbe7]

講習会専用の解析環境(DEXCS2015プロトタイプ版)を、演習3と4共通で用いますので、以下よりZIPファイル名:「20150829_OpenCAE.zip」をダウンロードしてください。~
これを展開して、ISOファイルを用いて準備をお願いします。なおダウンロードは1週間のみ可能ですのでご注意ください。~
まとめてダウンロードURL:http://14.gigafile.nu/9cbe53964960aa4e9b90af7cdbde6e00-0830

** 連絡6:演習資料の準備(各自でダウンロードしてご準備下さい。) [#ha13d9ea]

演習1:「Salome-Mecaによる弾塑性解析」&ref(弾塑性解析手順資料:夏合宿.pdf); 追加&ref(ex0.comm);~
演習2:「FrontISTRによる非線形解析」&ref(fistr提供資料.zip); 追加&ref(creep.zip);~
演習3:「TreeFoamによる流体解析の基礎」&ref(TreeFoam入門.pdf);~
演習4:「cfMeshによる実践的なメッシュ作成」(上記ダウンロードファイルに含まれます)~

** 連絡7:環境構築支援を希望する方へのお願い [#y82fb24a]

環境構築の支援は行いますが、人数も多く作業時間も十分ではありません。仮想環境ツール(VMwarePlayerまたはVirtualBox)のインストール、DEXCSのISOファイル3つ(DEXCS2015-OpenFOAM, DEXCS2014-Salome, DEXCS2014-RDstr)のダウンロード、は各自で必ず済ませておいて下さい。

** 連絡8:交流会と宿泊の最終確定 [#d08c69aa]

添付のファイル &ref(H27夏合宿-0822.pdf); のとおり、交流会18名、宿泊18名として、最終確定致しました。今後の取り消しでは料金だけは頂きますので、ご了承ください。

* ※8月21日が最終締切となり、24名のお申し込みで確定しました。ありがとうございます。※ [#k9a54f2f]

** オープンCAE勉強会 岐阜地区(夏合宿:1泊2日:流体+構造他)https://atnd.org/events/66252 [#h8c3bb48]
** 今回は40名まで参加可能で、過去4回と同様、夏休み企画1泊2日の合宿形式で行います。DEXCSを活用した実践的演習を集中的に学ぶことができます。 [#f950c221]

平成27年度の夏合宿のお申込みページです。宿泊や会場の都合で、最大40名としたいので、奮ってご応募ください。

環境構築支援:8月29日(土)10:00〜12:00 構造解析と流体解析~
 各演習では構築対応は出来ませんので、事前に行って頂きどうしても難しい場合は、この時間に対応します。

第1日目:8月29日(土)13:00〜17:00 構造解析について(演習2課題)~
 演習1:「Salome-Mecaによる弾塑性解析」(柴田)&ref(弾塑性解析手順資料:夏合宿.pdf);~

Salome-Mecaは実践的な構造解析が可能であり、今回は穴あき鋼板の引張試験の結果を比較対象として、材料が降伏する弾塑性状態での荷重変位関係を数値解析で求る手順を説明します。実践的な解析でのモデルのグループ設定とコマンドファイル修正を中心に、解析全体の流れを説明し必要なファイルを配布します。講習時間が短いので各自で予習復習を行っていただき全体の演習手順を習得してください。なおSalome-Mecaの基本操作やEficasによるコマンドファイル修正の基本操作は、各自で確認してください。解析環境としては、公開最新版のDEXCS2014-Salome-64bit(Salome-Meca2015.1:64bit日本語版)を用いますので、ダウンロードして構築を事前にお願いします。

 演習2:「FrontISTRによる非線形解析」(酒井)&ref(fistr提供資料.zip);~
 演習2:「FrontISTRによる非線形解析」(SH)&ref(fistr提供資料.zip);~

FrontISTRでSalomeMeca演習実施のメッシュデータを使って、穴あき鋼板の引張試験の結果を比較対象として、FrontISTRで弾塑性解析を行う手法を説明します。
また粘弾性材料やクリープ材料などの非線形材料の解析手順を説明いたします。
解析環境としては、ソルバにFrontISTRとプリに藤井さん作成のEasyISTR、結果処理にParaViewまたはSalomeのParaVIZを使う関係でDEXCS2014-RDstrを利用しますので、
以下のダウンロードウエブよりISOファイルを入手して、仮想マシンでの解析環境をご準備下さい。http://dexcs.gifu-nct.ac.jp/download/ DEXCS2014-RDstr-D1-B1-64.iso(DEXCS2014-RSstr-D1-B1-64(64bit) DVD起動用ISOイメージファイル)

第2日目:8月30日(日)08:30〜12:30 流体解析について(演習2課題)~
 演習3:「TreeFoamによる流体解析の基礎」(藤井)&ref(TreeFoam入門.pdf);~

OpenFOAMの基本操作であるtutorialsのcavityとdamBreakの計算を、TreeFoamのGUI上で操作して実行します。
また、オリジナルメッシュが作成できる様に、TreeFoamのGUI上からsnappyHexMeshでメッシュ作成とレイヤを作成します。
メッシュとレイヤ作成は、難解なsnappyHexMeshDictを意識しなくてもTreeFoam上で作成できます。

 演習4:「cfMeshによる実践的なメッシュ作成」(野村)~

OpenFOAMの標準チュートリアルに付属のmixerVesselAMI用のモデルデータを、FreeCADに取り込んで、cfMesh でメッシュ作成し、ダイナミックメッシュの実行演習を実施します。演習環境としては、DEXCS2015 for OpenFOAM(R)のプロトタイプ版を使用する予定です。

演習質疑応答:8月30日(日)13:00〜15:00 構造解析と流体解析~
 参加希望者に対応して、講師との質疑応答の時間です。4人の講師に直接に質問できます。

それそれについて、各自でノートPCを持参して講師の指導のもと演習形式で進めます。~

情報交換や親睦を深める交流会を29日18:00〜20:00、続いて夜話会を20:00〜23:00に予定しています。ご期待ください。

''連絡'' : 参加に関する連絡をまとめます。ご確認をお願いします。~

''目的'' : ものづくり企業におけるオープンCAEの活用技術の普及と発展を目的として、オープンCAEシステム:DEXCSを中心に、広くCAEに関する技術の情報交換を行う。

''議題'' : 「オープンCAEの実践講習会」~
⇒ オープンCAEに関心のある方すべてを対象として、実習中心の具体的な合宿勉強会です。今回は上記の日程に示した4つの講座に取り組みます。

''日時'' : 平成25年8月29日(土)12時から8月30日(日)12時半まで、16日の夕食は、[[交流会18:00〜20:00>http://r.gnavi.co.jp/n036602/]]を行います~
⇒ 宿泊や会場の準備がありますので、正午集合とします。

''場所'' : ソフトピアジャパン ドリームコア2階 岐阜イノベーションセンター研修室~
⇒ 岐阜県大垣市にあります。詳細地図:http://www.softopia.info/access/

''宿泊'' : ソフトピア・宿泊交流空間:http://www.softopia.info/syukuhaku/~
⇒ 個室M室+和室(夜話会用)宿泊など最大40名とします。

''交通'' : JR大垣駅からバス接続:~
大垣駅前→ソフトピアジャパンhttps://www.mkb.co.jp/pdf/rosen/jikokuhyo/05-23-3-3.pdf ~
ソフトピアジャパン→大垣駅前https://www.mkb.co.jp/pdf/rosen/jikokuhyo/15-07-0-0.pdf~
⇒ 付属の駐車場もありますし、ただし今年から有料です。

''費用'' : 実費(全演習通しで3000円:講師謝礼と作業謝金で2000円+茶菓子代会場費雑費で1000円としてお願いします)~
⇒ 宿泊費や交流会については、実費(2000+5000円程度)をご負担頂きます。

''対象'' : DEXCSをはじめ様々なオープンCAEをこれから始める方はどなたでも~
⇒ 本当の初心者向けの勉強会ですので遠慮なく。もちろん経験者の方も是非お願いします。

''人数'' : 最大40名(宿泊と会場の都合上)

[[オープンCAE初心者勉強会]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS