1:WSL2 の Ubuntu22.04 上に、Calculix (CCX) を構築するまでのビルド手順 【SXAT-CCXbuild-22-1】

作成:2023/03/05

ここでのビルド手順は、以下のウエブ「CalculiX-Builder」に基づいて行います。
https://github.com/ISCPC/CalculiX-Builder/blob/master/README_JP.md

Windows10でWSL2を設定し、Ubuntu22.04 を使えるようにする手順

  • 1: WSL2の設定を行う

【1】 Windowsの「スタートボタン」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」→「プログラム」→「Windowsの機能の有効化または無効化」と進む
【2】 「Windowsの機能の有効化または無効化」が表示される。「Linux用Windowsサブシステム(WSL)」と「仮想マシン プラットフォーム」にチェックを入れ「OK」をクリックする。
【3】 画面の指示に従って再起動する

  • 2: WSL2用Linuxカーネルをインストールする

【1】 ブラウザで「https://aka.ms/wsl2kernel」にアクセスする
【2】 「x64マシン用WSL2 Linuxカーネル更新プログラムパッケージ」をクリックして、 インストーラ「wsl_update_x64.msi」をダウンロードする
【3】 ダウンロードしたインストーラをダブルクリックして起動させる
【4】 インストーラが起動したら「Next」をクリックしてインストールをすすめる 「Finish」で完了させる

  • 3: WSL2を既定のバージョンで利用できるようにする

【1】 「Windows」+「R」キーを押す。
【2】 「ファイル名を指定して実行」メニューが表示されたら、検索欄に「cmd」と入力し、「OK」をクリックする
【3】 コマンドプロンプト(黒い画面)が表示されたら、以下コマンドを入力し「Enter」キーをクリックする
  wsl --set-default-version 2 C:\Users\dalab>wsl --set-default-version 2

  • 4: Linuxディストリビューションをインストールする

【1】 Windowsの「スタートボタン」→「Microsoft Store」と進む
【2】 検索欄に「ubuntu」と入力して検索を実行する 代表となる「Ubuntu」とバージョンを指定した以下の3つがある 
「Ubuntu 22.04.1 LTS」「Ubuntu 20.04.5 LTS」「Ubuntu 180.04.5 LTS」 ここでは、22.04.1を用いることにする (gccのバージョン対応が完了した)
【3】 検索結果の中から「Ubuntu 20.04.5 LTS」を選択して、次の画面で「入手」をクリックする ダウンロード500.7MBを進める
【4】 表示された画面で「開く」をクリックする (インストールが開始されるので、少し待つ)
【5】 以下のように、ubuntuの初期設定画面が表示される 画面に従い、以下の順番で入力を進める
「Enter new UNIX username」新しく作成するユーザー名を入力します / 2「New password」パスワードを入力します  / Retype new password」同じパスワードをもう一度入力します

Ubuntu22.04 上に、Calculix (CCX) を構築する手順

ここでは、ISCPCが開発した、以下のCalculiX-Builderを用いて行います。 https://github.com/ISCPC/CalculiX-Builder
日本語手順情報README_JP.mdを開いて、この手順に従って進めます。 https://github.com/ISCPC/CalculiX-Builder/blob/master/README_JP.md ビルドの設定により、以下の実行モジュール委の作成をを選択できます。ExodusII出力、IntelMKL(PARDISO)、SX-Aurora対応

  • 1: 依存パッケージのインストール

【1】 ビルドツールおよびBLAS/LAPACKのインストール(必須) % sudo apt install git make patch libblas-dev liblapack-dev gfortran
【2】 Pardiso(oneMKL)のインストール(任意) 現在Intel-MKL(Pardiso)は、Intel® oneAPI Base Toolkit の一部として提供されている 以下の、Get the Intel® oneAPI Base Toolkitよりインストールする
https://www.intel.com/content/www/us/en/developer/tools/oneapi/base-toolkit-download.html > Select options below to download
【3】 ExodusIIのインストール(任意) % sudo apt install libexodusii5 libexodusii-dev

  • 2: CalculiX-Builder ソースの取得

【1】 CalculiX-Builder及びパッチのベースとなるccx 及び前提ライブラリ(ARPACK, SPOOLES)のソースを取得します。 コマンドは以下の通り
$ git clone https://github.com/ISCPC/CalculiX-Builder / $ cd ~/CalculiX-Builder / $ git submodule update --init --recursive
【2】 Makefileの設定は、使用したい機能に合わせてMakefileを修正します。まずSXATの前の練習として、通常のWindows環境のCPU(Intel,AMD)用のビルドを以下の設定で行います。
【3】 マルチコアで並列ビルドをする場合は以下のコマンドで実行する。 % make NPROCS=<number of cores>
【4】 インストール PREFIXで指定した/opt/ccxにインストールする $ make install

AboutNecSXAT


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-03-05 (日) 12:50:31 (504d)