Code_Saturneのインストール

CAE Linuxの情報を参考に記述しています。

OS:Ubuntu 10.04
Code_Saturne : ver.2.1
インストール先 /opt

1. フォルダの所有者の変更(root → user)

$ sudo chown username /opt/~


2. 必要なインストール

$ sudo apt-get install gfortran g++ python-dev python-numpy zlib1g-dev libatlas-base-dev grace bison flex python-qt4 checkinstall mpich2
$ sudo apt-get install swig pyqt4-dev-tools libxml2-dev

 (ver2.2をインストールする場合は、cmake2.8.8をインストールする必要がある)

3. インストーラーのダウンロードと解凍
 Code_Saturne公式ページより、インストーラーをダウンロードして、任意の場所に解凍する。
 解凍したインストーラーフォルダに移動し、setupをテキストエディタで下のように編集する。(コメント部分は省略)

download  yes
language  en
debug     no
prefix    /opt
use_arch  no
arch  
compCxx   g++
compC     gcc
compF     gfortran
mpiCompC  mpicc
disable_gui  no
disable_frontend  no
python    
blas
metis     
scotch
syrthes   
cgns    None    yes   yes
hdf5    None    yes   yes
med     None    yes   yes
mpi    /usr    yes  no
libxml2    /usr    yes  no

 すでにCode_Aster(単独版、並列版)をインストールしている場合は、下のようにも書ける。

blas      /opt/acml4.4.0/gfortran64/lib
scotch    /opt/aster/public/scotch_5.1.11_esmumps/lib
hdf5    /opt/aster/public/hdf5-1.8.4    yes  no
med    /opt/aster/public/med-3.0.4    yes  no


4. インストーラーの実行

$ ./install_saturne.py

 各種モジュールと本体のソースファイルがダウンロードされて、自動的にインストールされる。
 インストール後はパスを通す。

$ echo "export PATH=/opt/code_saturne-2.1.7/bin:$PATH" >> .bashrc
$ source ~/.bashrc


5. examplesの実行
 インストーラーフォルダの下に、code_saturne-[バージョン番号] > examples を任意の場所(ここではホームフォルダとする)にコピーして移動する。

$ cp -r code_saturne-2.1.7/examples ~/
$ cd ~/example/1-simple_junction
$ cp -r mesh/ MESH

 ケースファイルのテンプレートフォルダ(CASE1)を作成し、GUIを起動する。

$ code_saturne create
$ cp case1/case1.xml CASE1/DATA
$ cd CASE1
$ code_saturne gui

 GUIが起動したら、DATA/case1.xmlを読み込む。
 下図のように、Start calculationボタンを押して、計算を実行すれば、CASE1/RESU/[日付]-[ジョブ番号]/postprocessing にensight形式の結果ファイルが出力される。
 RESULTS.caseをParaViewやSalomeのParaVisモジュールで開いて確認する。

Code_Saturne_GUI.jpg

添付ファイル: fileCode_Saturne_GUI.jpg 652件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-30 (金) 17:07:26 (734d)