OpenCAE Users Wiki

基本的なコマンド

■「wipe」 ・・・それまでの設定(オブジェクト)を初期化(削除)する。

■「source」・・・tclファイルを読み込むためのコマンド

         ※読み込むファイルはOpenSees.exeと同じフォルダにないとエラーになります。

         例) source *********.tcl

モデルを作成するコマンド

■「model BasicBuilder」・・・初めにモデルの次元数と各節点の自由度を設定する。

         例) model basic -ndm 2 -ndf 3(二次元、自由度3)

■「node」 ・・・節点番号と節点のX,Y,Z方向の座標を指定する。2次元の場合はX,Yだけ指定する。

         例) node 1 0.0 0.0 0.0

■「fix」  ・・・節点番号と節点のX,Y,Z,Mx,My,Mz方向(自由度の数だけ)の拘束条件を指定する。「0」が自由、「1」が拘束

         例) fix 1 1 1 1 1 1

■「OpenSees-material」・・・材質を定義する。

■「OpenSees-element」・・・要素を定義する。

         例)element elasticBeamColumn 1 2 4 5.5 100.0 1e6

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-21 (木) 09:01:46 (2287d)